毎日の排泄物をしっかりチェック【大腸がんは早期発見が重要】

診断書

大腸のがん検診の勧め

病院

男女ともにかかりやすい

大腸がんは日本で年々増加傾向にあります。男性では4番目、女性では2番目に多い間で多くの方が大腸がんにかかっています。大腸がんの症状は排便に血が混じる、お腹の張り、肛門からの出血などです。症状としては珍しいものではないので、ついつい放置している方もいるでしょう。また、出血があることから時と勘違いしてしまう方もいます。このように、いくつかの症状はあっても大腸がんだと思わない方が多いのです。大腸がんは早期発見で治療を始められたら完治する病気です。自分で症状に気づき、検査を受ける方は少ないのでがん検診をお勧めします。大腸がんの患者のほとんどが40歳代以上です。ですから、40歳になった方は今後定期的に検診を受けていくと良いでしょう。

進行するとどうなるか

では、大腸がんが進行するとどうなるのでしょう。進行度は他のがんと同じようにステージで表されます。がんの大きさ、リンパ節への転移、他の臓器の転移があるかどうかでステージが決まります。ステージは0から5までに分けられ、0だと初期の大腸がんと言うことになります。反対に5だと、かなり進行した大腸がんと言うことです。がんがそれほど大きくなく、他の場所への転移が見られない場合はステージ0とします。その場合の5年生存率は90%以上と高くなります。がんの転移が複数見られ、離れた臓器にも転移していた場合はステージ5となります。大腸がんは進行すると灰や肝臓などにも転移します。この場合の5年生依存率は20%以下となります。このことからも、いかに早期発見が大切かわかります。

喫煙者以外も対策を

腹痛

肺がんはがんの中でも死亡率が高いがんとして知られています。タバコが原因とされていますが、種類によってはタバコを吸わない人でも普通に肺がんになってしまいます。タバコを吸わない人も定期的に健康診断を受けることが大切です。がん対策として最近では副作用の心配が無いサプリや漢方も人気があります。

胃に関する病気

腹痛

胃がんは、様々な理由からなります。胃の不快感や痛みがありますと検査をする事をお勧めします。最近は、胃カメラを使用されて数時間で終了するほど簡単になっています。その日に帰る事ができますので検査をしましょう。

どのようなものなのか

医者

がんは種類が多くあり、またこのがんは一般的に重いと思われがちですが、重くないがんもあります。その一つなのが食道がんなのです。これは食道におきるがんであり、それに伴って声帯にも問題を引き起こす可能性があります。