毎日の排泄物をしっかりチェック【大腸がんは早期発見が重要】

男性

どのようなものなのか

医者

把握しておきたい知識

食道がんというのは、以前は死亡率の高い病気 とされていました。しかし近年では、治る患者が増えてきています。というのも、医療技術の進歩は勿論なのですが、新しい治療方法なども確立されてきたからなのです。その中でもレーザー光線による治療は画期的なものがあり、高齢者でも安心して受けることができるものとなっています。また、食道がんの進行具合やできた場所によっては、声帯も一緒に切除することがあります。そうなると声を失うことになってしまうのですが、リハビリなどによって声を取り戻すことも可能となってきているのです。食道がんは進行も早いため怖い病気と思われがちですが、早期発見も難しくありませんし完治も可能な病気なのです。

特徴のあれこれ

食道がんというのは食道の管が薄いため、早くから深部へと進みやすいといった特徴があります。しかし、治る見込みも高いといった傾向もあるのです。というのも、初期の段階で自覚症状を感じられるからなのです。とはいっても、食道がんというのは最初はまったく自覚症状はありません。がんの大きさが直径1〜2センチぐらいになってから、初めて飲み込んだ物が引っ掛かるような違和感を感じるようになります。ですが、3センチほどまでの大きさで転移が見られない場合には、手術で治すことが可能とされているのです。また、食道がんには放射線治療の効果が高いといった特徴もあります。そのため高齢で体力があまり無いといった場合でも、効果的な治療を行うことができるのです。