毎日の排泄物をしっかりチェック【大腸がんは早期発見が重要】

男性

胃に関する病気

腹痛

胃がんは、がんの中でもなりやすい病気です。暴飲暴食、ストレス、胃に良くない刺激のある食事が多いなど原因は多数あります。また、胃潰瘍や胃炎などから胃がんに進行する事もあります。初期の胃がんでしたら手術なしで完治する事もありますし、カウンセリングでがん細胞がなくなったという話も聞きます。それほど胃は、ストレスに弱いのです。胃がんが進行しますと摘出手術になります。手術後の食事制限や生活が大変になってきます。早期発見が早期治療になります。胃の痛みは耐え難い痛みとなります。胃の少しの痛みの症状がありましたら検査をしましょう。最近の胃の検査は麻酔して胃カメラだったりしますので午前中に終了する程度軽くなりました。

胃がんの検査は、胃の不快感や痛みがある度にされる事をお勧めします。検査をしていると胃がんまで進行する前に発見する事ができます。胃腸内科や内科などに問い合せしてみましょう。個人の胃腸内科などは、毎日検査に時間を充てている病院もあります。前日の夜から食事を抜いたり、検査の準備をしなければなりません。確認してみましょう。会社や地域の健康診断などもありますが、胃がん検査は、自己判断で不快感や痛みがある時にはした方が良いです。食事は、人間にとって楽しみでもありますし、毎日重要な事です。胃を大事にして楽しく美味しく食事ができるように管理する事が良いです。胃がんになり、摘出手術をされますと胃に気を使う日々です。